言葉には力が宿ります。

良い言葉が大切です。

祈る人

言葉には目には見えない霊的な力が宿ると信じられ、その力が言霊です。良い言葉を口にしていれば、不思議と物事が良い方向に向かっていきます。逆に悪い言葉を口にしていれば、物事がうまく運ばなくなります。言葉を選ぶときは、なるべく良い言葉を選ぶ様にしましょう。また、自分がこうなりたいとゆう理想がある場合は、なりたい自分を具体化して「〜になれる」など毎日繰り返し話すことで無意識に理想の自分に近づいていきます。困ったことがあった時は逆に「大丈夫」とプラスの言葉を発することで、物事も悪い方から良い方に変わっていきます。 また植物に「ありがとう」と毎日声をかけると成長が良くなります。食物も良い言葉をかける事でおいしくまろやかなります。言霊は、人だけでなく植物や食べ物にまで影響を与える力があります。プラスの言葉を日頃から使っていると、良いことやプラスになることが増えていきます。マイナスの言葉を沢山使っていると、マイナスの事が起こる様になります。そして良い言葉で人を褒めている人は人からも褒められます。プラスの言葉を沢山使っている人は表情も良くなります。言霊は思っている以上に影響を与える力があります。日頃から人の悪口を言ったりマイナスな事ばかり言ってる人は、人からも悪口を言われます。マイナスな言葉を多く発してる人は、表情も悪くなります。良い言葉は良い力が発せられ、悪い言葉は自分に返ってきます。普段自然に使っている言葉ですが、言霊の意味を考えながら、良い言葉を使う様にしましょう。

基礎知識と選び方

男性と女性

占いといえば、恋愛関係の相談をする人が多いですが、仕事関係の相談をする人も多くいます。仕事関係の悩みでは、辞めるか辞めないかといった二元的な悩みから、どのようにふるまうべきかという複合的な悩みまで幅広いものがあります。占いですべての答えがでるとは限りませんが、たかが占いとバカにできないことも確かです。占いは、もともと統計学に基づいてできたものです。特に中国に端を発する風水、四柱推命といったものはかなりの精度があり、大企業の社長や取締役といった経営トップクラスの人も多く利用しているほどです。こうしたトップクラスの人は、仕事に関して大局的な決断が必要とされているため、占いの判断と相性がよいというのもあります。ですが、個人の悩みに関しても占いは非常に有効です。仕事のことを相談するのならば、仕事に関するアドバイスや相談実績が豊富な占い師を選びましょう。何となく自分の中で選択肢があり、決めていいのか迷いかねているというくらいならば無料のものを使ってもよいですが、本格的に相談したいのならば何回か実際に相談してみて選びましょう。具体的に返答をくれるか、悪いこともしっかり言ってくれるかという点も重要です。相談したときに、自分に刺さるようなことを言われたとしても、素直に受け取る心構えで聞くのも大切です。都合のいいことだけ受け取るのも一つの考え方ではありますが、それでは現状の打破になることは期待できません。自らを変える覚悟をするのも重要です。

運命を知る方法

星座

中国で長い歴史を誇り、日本でも昔から親しまれてきた占いが九星気学です。生年月日や干支を組み合わせる事で驚くほどたくさんの事が分かります。性格や才能はもちろん、仕事や恋愛なども占う事が出来るでしょう。万能の占いとしても有名で、常に人気があります。そんな九星気学ですが、長い歴史があるだけにその占い方は複雑です。ですので、九星気学で占いをしたいならプロの占い師を訪ねる事をおすすめします。プロが占う事で本命星や月命星についても占う事ができるので、その結果によって次どう動くかを戦略的に決められます。自分に合う九星気学のプロを見つける方法はいくつかあります。まずは友人や知り合いに聞く事です。今はインターネットで探すという方法もあります。特に、誰にも占いの内容を知られたくないという場合にインターネットはとても便利です。一人で探せるので、占いをしている事を誰かに知られるのではないかと心配をする必要はありません。また、対面で言えるような内容ではない事を占って欲しい時は、ネット通信を利用して九星気学を占う事もできます。値段も手頃なケースが多く、お気に入りの占い師を見つけて好きな時に占ってもらっているという人は多いです。九星気学の魅力の一つに相性の合う方角、相性の合わない方角を知る事があります。いまいち運が良くない時に自分の合っている方角を知り動く事で驚くほど運が向いてきたという人は多いです。