自分の運命を占う方法

方法について

男女

仕事に関する悩みは、多くの人が抱えているものです。仕事がうまくいかない、なかなか出世出来ない、上司と上手くいかない、など様々な悩みの解決の糸口を探してくれるのが、占いです。占いには様々な種類があります。手相、人相、九星気学、タロット、姓名判断などが主なもので、それぞれ占い方は違います。手相占いでは、手相を見ながら将来いつ、どのようなことが起きるかということを大まかに伝えてくれます。それによって、危機回避や解決口が見つかることがあります。タロット占いや、九星気学なども同様です。特に、仕事に関することは占いで結果が出やすいという特徴があります。恋愛などの占いは、人と人とを占うものなので、微妙な心の変化などで未来が変わってしまうことが多々あります。しかし、仕事は運というものに大きく左右されることがあります。運よく仕事がうまくいった、手柄が自分に回ってきた、という事も少なくありませんので、より正確な占いの結果が期待出来るのです。また占うことに関しては、必ず信じるということが大切になります。占ってもらったにもかかわらず結果を信じないでいると、良い結果もうまれづらくなります。占いは必ず当たると信じていることで、無意識に働きかけ良い結果がもたらされるように自分でも行動するようになるのです。仕事に関する悩みを抱えている場合、自分に合いそうな占いの方法を見つけて占ってみてもらってはいかがでしょうか。

分かりやすい占術

水晶とロウソク

四柱推命や西洋占星術などと同じく、生年月日を使用する命という種類の占いの一種である九星気学ですが、九星気学の場合は生まれた年と月のみを使用するため、より単純で覚えやすい占いとなっており、基本的に生まれた年の本命星が60%で生まれた月の月命星が40%の性質を示すという決まりになっています。この本命星や月命星はそれぞれが9パターンに分類されるため、この9パターンの星を覚えるだけでもそれなりに九星気学を利用することが可能となっており、それゆえにまったくの素人や初心者でも理解しやすく、ある程度は楽しめる占術となっています。そんな九星気学ですが、占いの内容としては昔から吉凶の方位といった家相などによく利用される占いとしても世間に定着していて有名ですが、最近ではそういった方法だけでなく、人の性格や相性、人間関係などに関する占術としても知名度が高まっており、新聞や雑誌、インターネットなどの占いコラムでも手軽に利用できる占いとして数多く存在しており、一般的な生活にも密着した身近な存在となっています。そしてメカニズムが簡単なこともあって、占いを勉強する際にも九星気学は最初の入門編としても注目されており、覚える種類も9パターンなので楽ですし、最初に九星気学を覚えてしまえば、命の占いであるために相性や相剋、五行などが共通している同じ系統の四柱推命などのスキルアップや習得のためにも役立つ傾向にあるというメリットも存在しています。

占いで恋愛も仕事も成功

手

お互いのことをもっと知りたい、相手の気持ちをわかりたいと思う気持ちは誰もが持っているものですが、実際に知るのには時間がかかったりとても難しかったりします。そうした相手の心や心理状態を知る方法のひとつとして占いがあります、といってもこころそのものを全て理解するのではありません。相手が自分をどう思っているか、今欲しいものは何かなど、ある程度対象や内容をしぼって占ってくれるパターンがほとんど。注意しなければいけない点としては、男性心理や恋愛を得意とした占い師に依頼して占ってもらったほうが良いということです。占い師といっても人生へのアドバイスや仕事など、中心に扱っていることは様々ありますし、占う方法も多様。その占い師が男性心理や恋愛に特化した占いをしているのか、自分の悩みや考えを受け入れてくれそうかなどを事前にチェックしておきましょう。そして、自分が自分の気持ちや相手との今の関係、希望の未来像を素直に伝えられる占い師かどうかも重要なポイント。占いをするにあたって、現在の状況や関係性、これまでにあったことを正直に伝えなければ正確な占いの結果は出ません。自分が知りたい男性心理やこの先の展開などを正確に知りたいのであれば、正確な情報を伝えること、そして伝えられるような相手を見つけることが重要。男性心理を知ってからは、相手にその気持を知っているということを伝えずに、自分が知っている情報を活かして上手に立ち回ることをオススメします。