大正時代以降の占術

ルーツは中国

占い

日本人にとって占いは身近なものです。インターネットを活用した占いサービスの利用は若い女性を中心に広がりを見せています。キャラクターを用いた可愛らしい占いもありますが、実績に裏付けられた本格的な占いを求める声もあります。歴史ある占いの一つが九星気学です。中国を起源とする東洋占術は飛鳥時代に日本に持ち込まれました。当時は占いの結果が政治判断に及ぶ時代であり、占術は現代よりも重要視され、運勢や異性との相性を占うばかりではなかったのです。現在日本で占いに利用されている九星気学は、厳密には大正時代以降に発展した占術です。九星気学は生年月日を基に、人々を九つのパターンに分類します。生まれ年から導き出される属性は本命星と呼ばれ、主に成人してからの運勢を司ります。一方、生まれ月から示される属性は月命星と言われ、親元で守られている間の運勢を表すのです。ここで使われる生年月日は東洋思想に基づいたものであり、一般に使用されている西暦とは区切りが異なります。2月4日の立春を年度の境とするので、1月1日から2月3日生まれの人は前年が生まれ年となる点に気をつけましょう。九星気学には、自然が循環するように人の運勢も循環していく、という考え方があります。つまり現時点での運勢が悪かったとしても、ずっとそのままということではなく、徐々に良い方向へ向かうことが示唆されるのです。生活環境や自己努力によっても運勢は左右されています。

読み解くポイントと学び方

男女

女性にとっては難しいとされている男性心理ですが、その男性の行動や表情、見た目などをしっかりと観察すれば意外と理解できます。例えば初デートを例にとって考えます。まず初めに見るべきポイントは、その男性がデートプランを考えているかどうかです。デートプランを考えている人は、問題を一人で解決しようとする傾向があります。デートを失敗させないように努力するという男性心理が働いています。一方で初デートをノープランで臨む人は、他人の力に頼るような人の可能性があります。これは決してマイナスの意味ではなく、女性と一緒に気楽に過ごしたいという男性心理が隠れているのです。続いて見るポイントはファッションです。暗い色の服装の人は、どちらかというと内向的な性格だと判断することができます。あまり目立ちたくないという男性心理の現れです。こういった人はコツコツと地道に努力をしていくタイプの人が多いです。逆に明るい色の服装の人は、社交的な傾向があります。女性を引っ張っていきたいという男性心理が働いていることから、初デートでも明るい色の服装をしていると言えるでしょう。こうした男性心理を読み解くためには、占いの知識を学ぶと良いでしょう。占いの知識には、「人を見る目」を育てる効果があるからです。占いの知識を学ぶには、なにも占い師になる必要はありません。何人かの占い師に実際に占ってもらい、その占い師がどのような点を見ているのかということを逆に観察するのです。もちろん評判のいい占い師に占ってもらう必要があります。評判のいい占い師を見つけるには、口コミが有効です。インターネットで占い師の口コミについて検索し、探すと良いでしょう。

概略なら無料詳細は有料

ハート

気になる人やパートナーをはじめとした、あの人の気持ちと感じる願望は誰にでもありますが、直接聞いても本当か迷う人も少なくありません。占いを通じて相手の気持ちを理解したいと、色々な占いを活用している人が年齢に関係なく増えました。あの人の気持ちに対して占ってもらう時、費用がかかると考えられがちですが、スマートフォンやパソコンなら無料で占える所もあります。無料で概略の気持ちについて理解出来ても、もう少し深いところを知りたいと考える人にとっては、有料の占いサイトで見てもらいましょう。インターネットの依頼フォームで内容を書いて送ると、メールで占い結果を送信する所や、電話で話せる所もあります。ライフスタイルや価値観に合わせて選ぶ事が、あの人の気持ちを理解できるチャンスにつながる為、慎重に選びましょう。占いによってある程度料金が変わること、電話かメールによって料金が更に細分化される事を理解し、比較サイトや口コミサイトを利用している人が大半です。中には、口コミサイトと比較サイトだけでなく、複数のSNSを使って情報収集している人も増えてきました。メール占いの場合、500円から1万円程の間で、電話占いの場合、1分毎に数十円から数百円といった料金となり、サイトごとに違います。あの人の気持ちを知りたいと考える場合、占い師やサイトごとに料金を確認してから依頼しましょう。結果が残念であっても、努力で気持ちは変わりますので、占い師のアドバイスを聞いて行動することをお勧めいたします。